弊社は台東区、中央区、港区を中心に都内の賃貸管理を行っています。
オーナー様の利益最大化のための賃貸管理プランでご好評をいただいております!

受付時間 10:00 - 18:00

サブリースとは?賃貸管理との違いを解説!

2020年7月6日

サブリースとは?賃貸管理との違いを解説!

「今月になって急に不動産会社からの家賃の振り込みが遅れて心配になった」

「不動産会社から賃料相場の低下を理由に家賃の減額を提案され、受け入れない場合は解約しろと脅された」

「家賃保証つきのサブリースを結んでいるが、年々家賃を下げられ、毎月の家賃収入でローンを返済することがきつい」



これらは、弊社に管理を切り替える前に、サブリースの会社を利用していたオーナー様からよくお聞きする話です。



皆さんも、サブリースは危険だ!という話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?というのも、近年サブリースを行っていた会社が、家賃滞納の訴訟などで軒並み問題を起こしていることから、サブリースの体制が危ぶまれ、人々から注視されるようになってきたのです。今、サブリース契約をしていて問題がなくても、不動産業界が低迷する現在では、オーナー様がいつそういった問題に巻き込まれてもおかしくないのが現状です。



今回は、危険なサブリースの仕組みと賃貸管理との違いについてお伝えしていきます。

1.そもそもサブリースって?

 サブリース契約とは、オーナー様と不動産管理会社が契約を結び、オーナー様が物件を1棟ごと管理会社に貸し出すことで、貸主が管理会社になる形態を指します(転貸借方式)。つまり、入居における審査を行うのも管理会社が自由に行うことができ、毎月の家賃収入は貸主側である管理会社に入ることになります。
一方、一般的な不動産賃貸管理は、入居者と契約を結ぶ貸主様は物件を所有するオーナー様となります。オーナー様自身が入居者の最終的な審査を行い、入居が決まれば毎月の家賃収入を得られる形になっています。

サブリースは一括借り上げ方式とも呼ばれ、節税対策や相続対策を営業文句に、不動産会社が地主様に賃貸経営用のマンションやアパートを建設させ、完成と同時に、不動産会社がオーナー様の物件を満室家賃の8~9割程度で1棟丸ごと借り上げ、貸主として入居者を募集していく形態となっています。建設ではなく、マンションの1室を購入するという場合も同様に不動産会社がオーナー様のお部屋を借り上げ、又貸しすることになります。

では、サブリースがなぜ「危険」といえるのでしょうか。 次のページで詳しく見ていきましょう。

固定ページ: 1 2 3 4

最新コラム

カテゴリー


賃貸、売買について専属の担当者がオーナー様をサポートします!